2009年12月03日

りんりんさんの記事より

天地真理ファンの掲示板

こちらのサイトに先日、りんりんさんが投稿されている記事を読ませていただきました。
注)現在このサイトは閉鎖されています。

この記事の中で、りんりんさんは、74年当時のNHK紅白歌合戦の会場にいらっしゃったようで、その時の天地真理さんの想い出を語られています。

会場の生々しい、臨場感あふれる様子が語られていて、その内容に たいへん感銘を受けました。

私が言葉を選んで お伝えしようかと思いましたが、その場の雰囲気を正確に伝えることは 出来そうにありませんので、誠に勝手ながら この記事をそのまま 全文でお知らせしようと思います。

もし、不都合がございましたら、すぐに外しますので どうかよろしくお願い致します・・・

あれから ・・・

投稿者 りんりんさん
35年も経ってしまいましたか・・。
明日から師走、今年も僅かです。巷からは紅白歌合戦の話題も聞こえてきます。
この季節になりますと、毎年今や伝説となりました35年前の天地真理さん最後の紅白歌合戦を思い出します。そしてそれが、私が見た最後の紅白歌合戦ともなりましたから・・。


http://besthitkayoukyoku.blog122.fc2.com/ 投稿者 jrapaka2

今 思い出しても 全身に震えが走るような 静謐な舞台でした。舞台効果のため 暗くされた舞台の袖から、イントロと共に 静かに現れる天地真理さん・・身につけている衣装は それまでのイメージとは程遠い まるで喪服のような 黒のロングドレスでした。「想い出のセレナーデ」を 微笑すら浮かべずに歌う天地真理さん・・それは 古い大伽藍の教会で 一人聖歌を歌う 聖女のようでした。その前年の紅白では、白いミニスカートで舞台へスキップし、満面の笑顔で「恋する夏の日」を歌う天地真理さんとは あまりの違いでした。そして、歌い終えた天地真理さんの憂いを帯びた表情、姿は 宝石のように美しかったことを 覚えています。
その時、良くも悪くも天地真理さんに何かが終わり、何かが始まると、強く思いました。
天地真理さんの その後の生き様を思いますと、やはり その30年前の紅白が 大きな曲がり角であったことは 間違いないと私は感じてます。

投稿日:2009年11月30日(月)

以上 りんりんさんの記事、全文でございます。

私はこれを読んで、鳥肌が立ちました・・・天地真理さんが 全身全霊を賭けて歌った この ”想い出のセレナーデ”

You Tubeの 限られた映像サイズでも、圧倒的な歌唱力を感じるのですから、会場で生(なま)の声が どれほどのものか、想像を超えるものがあります。

いや、歌唱力という言葉も、もしかしたら 正確な表現ではないかもしれません。

歌の 底知れない チカラ を感じる 瞬間であります・・・

貴重な記事を読ませていただき、りんりんさんに感謝致します。

posted by メロンパン at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 天地真理ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログの記事、わたしの内容のないブログですが、紹介させていただきました。
http://ameblo.jp/aiai2999
Posted by しんり at 2014年08月09日 23:00
このブログの記事、わたしの内容のないブログ、
「真理ちゃんごめんね^^国民的スーパーアイドルだった天地真理の再評価を!」の「25回紅白での天地真理」で掲載させていただきました。
Posted by しんり at 2014年08月09日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。