真理カラー(マリコレ)

天地真理さんの守護色は、伝統的な日本古来の色彩。

天色(あまいろ)が ふさわしいと云いました。

まず、天色(あまいろ)はこんな色です。

天色あまいろ
#2ca9e1

まるで 、いにしえ人が 彼女の出現を予言していたかような、やさしい色合いです・・・

真理さんの曲の歌詞には、そのほか 色彩を感じさせる言葉が いくつかあります。

今日は、この言葉にスポットを当てて、天地真理さんの歌を 色彩の面から 鑑賞してみましょう。

もちろん、真理ちゃんは みやびな「大和なでしこ」
こちらも日本古来の伝統色で再現してみることにしました。

題して、真理カラーコレクション = マリコレ ・・・

虹色にじいろ
#f6bfbc

驚いたことに、「虹色」って昔の人はこんな色を感じていたんですね。

虹という字の成立ちは、虫片は龍をあらわし、工は貫くという意味で、龍が天に昇るさまを描いた文字と云われています。

なるほど 真理ちゃんの歌は 天にも昇る気持ちに なるわけです!

水色みずいろ
#bce2e8

水色はたしかに水の色そのままなのでしょうが、もともと水は無色のはず。それが、いろいろな立場で見る色という とらえどころがない 色が水色なのかも知れません。

水には、いろんな意味があります。「水に流しましょう」「みずくさいひと」「商売は水ものだから」「水が合う仕事」など・・・

水色の恋は、なにか せつない乙女の ”こころの色”だと云えます。

空色そらいろ
#a0d8ef

空色は、天色(あまいろ)より淡く、水色(みずいろ)よりわずかに澄んだ さわやかな色合いです。その色の違いは、きわめて微妙です。

どうして、昔の人は天色(あまいろ)と空色(そらいろ)を区別したのでしょう?

よく解かりません」が、漢字から類推して 天色(あまいろ)は高貴な位の人のプライベートカラーじゃないでしょうか?

間違っているかも知れません、空はそのまま空の色だと思います。空を見上げることは、なんびとも自由であり、いつも時代も希望や憧れの色に違いありません。

若葉色わかばいろ
#b9d08b

若葉色わかばいろ は 生命の息吹を感じる色でもあり、か弱いおさな児を、守ってやらねばならないと思わせるような、微妙な色合いを感じます。

でも、そんな心配をよそに、たくましく伸びてゆく生命(いのち)の色彩でもあります・・・

萌える 天地真理さん 歌のチカラを感じます。

赤色あかいろ
#e60033

夕陽に 手のひらを 透かしてみた・・・

それは、紛れもなく 彼女の身体の中に流れるもの、

恋のときめきの色彩 

燃えるような 熱いこころが伝わるのです・・・

沈みゆく 夕陽の色に 

その思いは つよくなるばかりです・・・


Mari_Color

天色あまいろ
#2ca9e1
虹色にじいろ
#f6bfbc
水色みずいろ
#bce2e8
空色そらいろ
#a0d8ef
若葉色わかばいろ
#b9d08b
赤色あかいろ
#e60033

※なお、この記事は 愛さん のコメントより、和色大辞典を参考にさせていただきました。ありがとうございます。



この記事へのコメント

  • わあ!すっごーい☆ メロンパンさん最高☆
    これは書かずにはいられません^^。
    真理さんは「大和撫子」なんですよね~
    和色といえば十二単。
    十二単の美しさとは、和色の絶妙なグラデーションにあり。「夕陽のスケッチ」を歌われていた頃の天地真理さんに、それはそれは似合われただろうなあ、と想像してます。。
    おやすみなさい~
    2010年01月14日 23:39
  • 天色(あまいろ)は、光を浴びて美しく輝くモルフォ蝶の羽の色をあらわしているかのよう・・
    いろいろなつながりが興味深いですね
    2010年01月15日 00:03
  • >メロンパン

    愛さん
    ありがとうございます。
    この記事は、愛さんのコメントなしでは書けなかった内容です。イマジネーションの宝庫をお持ちです!
    おやすみなさい。
    2010年01月15日 00:17
  • ひこうき雲

    愛さんのコメントに教えていただいて早速「天色」を見てみましたが、本当に微妙な色で感動しました。そしてその他の色も、メロンパンさんがここに挙げられているように、日本の伝統色というのはすばらしいですね。

    それを見てひらめいたのですが、今、私のブログで書きかけの話題にも重なる部分がありそうなので、この話題を使わせていただきたいと思っています。それに関してメロンパンさんにご連絡したいことがありますので私宛にメールを頂けないでしょうか。
    愛さん、メロンパンさん、教えていただいてありがとうございました。


    2010年01月15日 22:54
  • >メロンパン

    ひこうき雲さん
    ありがとうございます。
    ひこうき雲さんと私の記事のタイミングが、よく合いますね。不思議です!
    メール送りました、ご確認ください。
    2010年01月16日 00:00
  • ひこうき雲さまへ

    たいへん温かいお言葉をありがとうございます。
    ひこうき雲さまの記事の中でどのように「和色」が表現されるのでしょう・・☆ 
    少し前メロンパンさんが真理さんのイメージを「弥勒菩薩像の手」にたとえられていましたが、
    天地真理さんのお名前、お顔立ち、歌、そしてドラマティックな人生を観じながら私自身湧き立ってくるものは、ふしぎと日本古来の文化です・・
    母なる自然から生まれた日本の伝統色とは
    「和み」そのものですね。季節を愛する日本人(やまとびと)の繊細な感性の集大成なんだなあ・・と心はずみます
    2010年01月17日 05:32
  • >メロンパン

    愛さん
    おはようございます。
    もし、まだお読みではないなら、
    ひこうき雲さんのページはこちらです。ぜひ、見てあげてくださいね。

    一杯のレモンティー
    http://amhikokigumo.blog67.fc2.com/blog-entry-8.html



    2010年01月17日 08:02
  • メロンパンさんありがとうございます
    ひこうき雲さんのサイトをクリックしたら
    アクセスカウンター00777が表示されてhappy!! GOサインですね!「古来からの調和の精神を尊びなさい」こんなメッセージが聞こえてくるよう・・
    心に余裕のあるときにすてきな記事をゆっくり拝見させていただきます!
    2010年01月17日 11:17

この記事へのトラックバック