2010年10月26日

甦った天地真理

天地真理さんの夢を見た・・・

しずかに、そして繊細な表現力で

5秒とたたずに、歌翔の世界にいざなう 天使の声

その若返った姿に、みんな驚愕するばかり・・・

そして、そのときに 気がつくでしょう

白雪姫の ほんとうの復活の時を。

posted by メロンパン at 22:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 天地真理ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

私のデジタル・ミュージック・プレイヤーには3人の女性歌手の歌が入っています。1人はもちろん天地真理さんです。もう二人は、私の愛してやまない2人のソプラノ歌手、エリーザベト・シュワルツコップとヴィクトリア・デ・ロスアンへレスです。

シュワルツコップは2度、生のステージで聴きましたが、気品あふれる方でした。2度目は日本でのフェアウェルコンサートでしたが、なぜ引退するのかわからないほど見事でした。
72年の最初のステージで聴いたシュトラウスの『献呈』は忘れられない名唱でした。

真理さんに触れなくてすみません。シュワルツコップが聴けたので、ついうれしくなってしまいました。
Posted by ひこうき雲 at 2010年10月26日 23:29
生で聴かれたとは羨ましいかぎりです!数多の有名オペラ歌手の中でもシュワルツコップの表現力は、ずば抜けていると思います。この曲と真理さんを結びつけたのは、彼女にもう一度クラシックの世界に戻ってきていただきたいという想いがあるからです。ちょっと、解かりにくい記事だったかもしれません。
Posted by >メロンパン at 2010年10月26日 23:59
ほんものを愛されるひこうき雲さまが、最高の賛辞を贈られていることからも、天地真理さんのうたの世界がいかに高い水準であるのかが解かります。

様々なタイミングが、あたかもプログラミングされていたかのように、今月は充実感がありますね。メロンパンさんの願いに、天体が応援してくれているのかも・・☆

先日の放送では、きれいなお声でのびやかに「虹をわたって」をハミングしていらっしゃいましたね。それを聴いて、真理さんの夢は叶うと確信しました。メロンパンさんも軽やかな未来を感じられたのでは・・

真理さんだからこそ伝えられる、幸せのメッセージ。
それは私たちの乾いた心を潤おし、温めてくれることでしょう・・ 真理さんは、歌うことが幸せそのものだと実感されることでしょう・・(空想^^)

真保さんと手をつないで、きれいな虹の上を歩き始めていらっしゃいますものね!






Posted by 愛 at 2010年10月27日 08:47
書き忘れちゃった・・

真理さんの歌唱は、どの曲においてもクラシックの基礎が活かされていて、気品がありますよね。

私・・真理さんにいつか歌っていただきたいなって思う曲があって^^
メンデルスゾーン「歌の翼に」です♪
http://www.youtube.com/watch?v=r-tVuL_6TQ0&feature=related

のびのびと歌ってくださいね・・・ 真理さん!
Posted by 愛 at 2010年10月27日 09:23
愛さん

メンデルスゾーン「歌の翼に」
リクエストありがとうございます。
真理さんに、しっかり伝わっていることと思います!

人生、すてきなタイミングってあるんですね。早すぎても遅すぎてもだめ、偶然の出会いが新しい道を切り拓いてゆくようです。
Posted by >メロンパン at 2010年10月27日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167289012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。