2010年10月28日

片想いの歌

なぜか 秋風が吹く季節になると 想い出す・・・

思春期の頃の 片想いの 恋の気持ち・・・

天地真理さんの歌で、あの当時のシャイな自分の心理状態に ぴったりな曲を探してみましたが、残念ながらありませんでした。

真理さんの歌の歌詞は、ほとんどが恋愛の歌なので、ありそうなのですが、私の青春時代は、好きな人に告白する勇気もなく、遠くから憧れの気持ちだけを、日々重ねている ある種の「みじめさ」がありました。

内向的で、どことなく「冴えない奴」という雰囲気が、真理さんの歌にはないのです。モテる人を前提に描かれたような曲想が多いみたいです。

そんな おとなしい私でしたが、高校3年生の卒業まじかのある日、隣のクラスの中にいた意中の子に、ラブレターの手渡しを ついに決行したことがありました。

休憩中に、その子は他の友人と雑談していましたが、私は周りの人をかき分け、その子の前に つかつかと駆け寄って、一通の手紙を差し出しました。

この手紙の中で「放課後、図書館で待っています」と書き記しました・・・唖然とした教室の雰囲気!

顔から火が出るほどの想いとは、まさに この手渡しの瞬間でした・・・

で、その後、どうなったか・・・

もう、大昔のことで 忘れてしまいたいのですが、忘れもしません。

私がよく遊んでいた 仲良しだと思っていた友人がひとり、図書館に来て「付き合っているのは自分だから、ちょっかい出すのは止めて」と言いに来ました・・・

ウ〜ン モテる奴はツライ・・・

でも、モテない奴は もっとツライのだ・・・

その夜は 星がとても きれいでした・・・

posted by メロンパン at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 天地真理ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは春の風です。
大阪でモテるには第一におもしろい事。
第二もおもしろい事だそうですね。
東京でモテル男が大阪に行ってもあまりモテないそうですね。
逆に大阪の男性が東京に来るとモテモテだそうです。
メロンパン様もいちど東京に住んでみればもうモテモテですよ(笑)
Posted by 春の風 at 2010年10月28日 22:56
おはようございます。

女性は、自分を愛してくれた男性のことは生涯忘れないものです。
男性は、ただ黙って遠くから見ているより、たとえ玉砕しても、その気持ちを伝えることのほうが、私は大切だと思います。

そうすることで、彼女の中で、他の人のことは忘れても、自分を愛してくれたその人のことだけは永遠に残ります。

きっと、毎年秋のこの時期になると、彼女もメロンパンさんを想い出して、懐かしんでると思います(笑)
Posted by 青柳おろち at 2010年10月29日 08:40
春の風さん

そうかも知れませんね。
私、大阪人と思われないとよく言われます。
関東の人とは、たしかに相性がいいです。老後は、関東へ移住も考えてみましょう(笑い)
Posted by >メロンパン at 2010年10月29日 20:11
おろちさんにそう言っていただくと、すこし救われます。

遠い遠い昔ばなしをお聞かせして、今の若い人には解からないと思っていました。ありがとうございます(涙)
Posted by >メロンパン at 2010年10月29日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。