2010年11月20日

真保ちゃん


LENE SIEL

天地真理さんは、真保さんのことを「真保ちゃん」と呼んでいます。TVでも、先日のファンの集いでも「真保ちゃん」と仰っていたので、おそらく普段から、そう呼ばれているんだと思います。

私は自分の母親から「○○ちゃん」と「ちゃん付け」で呼ばれたことは一度もなく、ずっと呼び捨てでした。逆に子供の私が、母に「おかあちゃん」と「ちゃん付け」で言い「お母さん」なんて恥ずかしくて、絶対に言えませんでした・・・

私のことは さて置いて・・・


白いバラの道

天地真理さんは、ファンから「真理ちゃん」と絶大な声援を受けていたので、ご本人も この「ちゃん付け」には、「格別の響き」を感じていらしたのかも知れません。

自分が「真理ちゃん」って呼ばれる感覚で、天地真理さんは、お嬢さんのことを「真保ちゃん」って、絶え間なく声援を送っていらっしゃるのかも知れません・・・

posted by メロンパン at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 水色の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜

恥ずかしいお話ですが、私もお母さんから『ちゃん』付けで呼ばれています(赤面)
それか、『あんた』と言われています。
お母さんには、『お母さん』と呼んでいます。
友だちの中でも、『ちゃん』付けで呼ばれているのは私だけです。
照れくさいので、人前では『ちゃん』付けしないように言っているのですが、完全に無視されています。
真保さんは『ちゃん』付けについて、どう思ってらっしゃるのでしょうね(笑)
Posted by 青柳おろち at 2010年11月21日 00:01
おろちさんも、「ちゃん付け」ですか。いいなあ、みんな可愛がられて・・・

一度、呼び方が定着してしまうと、なかなか変更は、気恥ずかしくてできませんよね。

Posted by >メロンパン at 2010年11月21日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170088313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。