2014年11月01日

ミッション1 声を取り戻せ

真理ちゃんそっくりのアンドロイドを創ることは可能か?

その問いに答える映像がこちらです。

東京新宿の明治神宮外苑で今月3日まで開催されている、【TOKYO DESIGNERS WEEK】フェスティバルで受付け嬢として展示されているアンドロイド。



株式会社エーラボが開発した、アンドロイド・アスナ。
http://www.a-lab-japan.co.jp/

15歳の少女を、それも誰かをモデルにしたわけではなく、想像から創り上げたものだというから、驚きです。エーラボでは、人間そっくりなアンドロイドと区別するため、架空の存在を実体化したものを「アルスマキナ(Ars machina)」という概念で呼んでいます。

会場を訪れた人は、そのリアルな姿に驚くばかりです。



ということから、真理ちゃんそっくりなアンドロイドは、もはや実現可能だということが明白になりました。

あとは、真理ちゃんの声をどうするか?

声のサンプリングをどうすれば・・・そんなことを考えています。


posted by メロンパン at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水色の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408150004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。