2011年01月06日

佐良直美と天地真理

1月6日、ちょっと正月気分も抜けてTVも見飽きたころですが、朝の番組で久しぶりに佐良直美さんの特集をやっていました。

佐良直美さんは現在67歳、「世界は二人のために」の曲が120万枚のセールスを記録する大ヒットとなり二度のレコード大賞を受賞するなど、60年代後半から70年代を代表する大歌手でした。

またNHK紅白歌合戦の司会役を務め、天地真理さん3回目の出場のときに、アナウンスする佐良直美さんの映像が残されています・・・

佐良直美さんもまた 天地真理さんと同様、歌手・司会・そしてTVドラマ役者として、マルチな才能を持った方でした。

その佐良直美さんが、27年ぶりにCDで新曲を出されるということで、思わず「おお、すごい!」とTVの前にくぎづけになりました。

私が驚いたのは、長いブランクの末にまたCDを出そうとされた、彼女の動機です。

彼女は現在、芸能界から離れて、家業を手伝う傍ら、「家庭犬のしつけ教室」というペットを扱うビジネスをされているそうで、それが本業になっているとのことです。

なかには、飼い主に見捨てられた可愛そうな犬猫もいて、自分の活動の宣伝になればよしということで、またオールドファンの方々の強い要望、音楽関係者、芸能関係者の懇願によって、CD発売に至った経緯を話されました。

「もう、歌手として燃え尽きた」「歌手をやめた後の自分はもぬけの殻」そんなショッキングな言葉がポンポン出てきました。

「喉のポリープが原因で声が思うように出なくなったのが、歌手をやめた理由です。」

大ヒットした「世界は二人のために」はもう人前では 絶対に歌わないとも仰っていました。

1000万出すから歌ってと言われても、「喉から手が出る」ほどお金はほしいけど、「喉から声が出ない」から歌わない・・・こんなブラックジョークも。

いのちの木陰 [Single, Maxi] / 佐良直美 (演奏); 山川啓介, Tiger Mountain Stream, Orenda Midwell, 渋谷毅, Lauren McCall (その他) (CD - 2010)

これを聴いて、私は 天地真理さんのことを考えていました。

同じ時期に活躍した歌手として、私はふたりを どうしても比較してしまいます・・・

最大のヒット曲「世界は二人のために」を絶対に歌わないときっぱり言い放つ佐良直美さん・・・

天地真理さんは、佐良直美さんのような理由で、自分のヒット曲「水色の恋」を歌わないだろうか?

佐良直美さんは、いま本業は「家庭犬のしつけ教室」・・・

天地真理さんは、本業は今も「歌手」である・・・

この違いは大きい。

天地真理さんが「水色の恋」を歌わなくなったら、私の心はそれこそ「もぬけの殻」になってしまう・・・

そんなとりとめのない考えを逡巡させながら、それでもCDを発売した佐良直美さんは、すごいと思うし、なぜか、ライバル心がムラムラと燃えあがるように、こっちもがんばらねばと奮起させられるTV番組なのでした。

タグ:佐良直美
posted by メロンパン at 21:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 天地真理ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。