2010年04月05日

Skeeter Davis -- The End Of The World


Skeeter Davis -- The End Of The World

今夜は、この曲を比べてみましょう。

Skeeter Davis(スキータ・デイビス)さんの1963年ヒット曲 The End Of The World に、天地真理さんのカバー曲を続けて聴いてみようと思います。

この曲は、カーペンターズや最近ではスーザンボイルさんなど、多くの歌手が歌っています。

私は、もともとカーペンターズの曲だと思っていましたので、本家のSkeeter Davisさんの曲を聴いて、ずいぶん曲想が違うことに驚きました。

彼女の淡々とした歌い方に、今の歌手にはない、カンツリーソングのスピリッを垣間見たような気分を味わいました。

それは、乾いたクラッカーを食べたときのような感触・・・

けっして美味しい食べ物ではないけれど、しばらく口で咀嚼(そしゃく)していると、ほんのり甘みを感じる・・・そんな微妙な味わいの曲に仕上がっていると思いました。

歌詞の意味を和訳などで読むと、恋人を失った悲しみを歌った内容で、けっして明るい歌ではありません。

でも、メロディを聴いていると 胸騒ぎ?・・・なにか胸キュンとする想いがしてくる不思議な曲なのです。

The End Of The World 「世界の終わり」を感じるくらい悲しいのですから、恋人を失う=愛する人と永久(とわ)の別れを意味するのでしょうか?

それとも、愛が通じずに恋人と別れた「失恋の歌」なのでしょうか?

「失恋」と「永久の別れ」とは、大きな違いです。

ラブソングなら「失恋の歌」でしょうし、世界の終わりなら、「絶望の歌」にも聴こえるのです・・・聴く人の心がどう感じるかで この歌詞の意味も違ってくるのかも知れません。

この曲をカバーした多くの歌手は、切ない気持ちを全面に出して、比較的テンポゆっくりに歌っています。

でも、本家のスキータ・デイビスさんと天地真理さんは、割りと速いテンポで歌っています。

そして、いちばん明るい声で歌っているのが、われら真理ちゃんなのです。スキータ・デイビスさんの、どちらかと言えば無表情な歌い方に比べて、天地真理さんは明るく、明るくこの歌を歌っているのです。

この歌を明るく歌うこと、悲しい歌をこのように歌うことは、実は意外と難しい表現だと思います。

悲しみは、個人の中へ内へ内へと入る陰(かげ)の感情ですが、明るさは外(そと)を照らす陽(よう)の感情です。

明るく歌うことは、普遍的なひかりの感覚、本能的に人間が救われると感じる方向から聴こえてくる声だと思います。

天地真理さんの歌う The End Of The World

絶望の歌を 軽々と歌い上げる・・・これは間違いなく 世界に誇れる ”救世主の歌”なのです。


The End Of The World(この世の果てまで) -- Mari Amachi

ラベル:Skeeter Davis
posted by メロンパン at 01:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 天地真理が歌うカバー曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。