2010年02月03日

花の首飾り(パートU)

天地真理さんがこの歌を たった ひとりで歌っています。

この曲は、グループサウンズ全盛時代、ザ・タイガースの代表作 ”花の首飾り”です。

グループで歌う部分を、ひとりの声で歌うと、普通に考えると 迫力が足りない、線の細い曲想になリ勝ち と考えてしまいます。

ところが、これを聴くと真理さんの声は、まったくグループの音に見劣り(聴き劣り)をしていません。

天地真理さんには、彼女 独特の声の発声法で、声の強弱と音巾を自在にコントロールできる能力を お持ちのようです。

そして、譜面を忠実にトレースする、真っ直ぐな歌い方も、ポップス歌手としては 珍しいかも知れません。

剣道に例えると、天地真理さんの歌は、常に ”正眼の構え” その凛とした姿勢が、歌に不思議な「ちから強さ」を与えています。

自分の解釈で 曲のテンポを変えたり、歌詞の発音を わざと外国語っぽく歌う歌手が多い中、素直な日本語で 真っ正直に歌う歌手は ほとんど居りません。

だから、彼女の歌は さらりとして、すぐに聴く人の体内(こころ)に浸透してゆくのです。見事な作品になっています。

タグ:花の首飾り
posted by メロンパン at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 天地真理が歌うカバー曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。