2014年10月14日

歌声は文化財

天地真理さんの魅力は、その歌声とキュートな容姿にあります。

今回は、その声について・・・

デビュー当時の聴衆の熱狂ぶりは、いまのAKBが束になってもかなわないものと言ってもよいほど。

それはそれは異常な加熱ぶりでした。なにしろ、デビューして はじめての日比谷コンサートでは、興奮のあまり失神する男性ファンも出たほどですから!

あれから、四十数年・・・

このまま、時間(とき)の経過にまかせて、彼女の稀有な魅力を単なる記憶にとどめておくには、あまりにももったいないことだと思います。

さいわいに、現在では音声のデータ化が、オリジナルに忠実にできるデジタル技術があります。

真理さんの天使のような声、彼女のファルセットをデータ化するのはいつでしょう?

いまでしょっ!

天地真理
画像 夏を忘れた海 様のサイトより


VocaListener(ぼかりす)
歌声合成を使用した音楽制作を支援するために、ユーザの歌唱音声から歌声合成パラメータを自動 推定するシステム 産業技術総合研究所 http://www.aist.go.jp/



posted by メロンパン at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水色の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。