2014年03月05日

水色の恋

天地真理

70年代のスーパーアイドル と言えば、天地真理(あまち まり)さんが 思い出されます。

その愛らしい笑顔と、数々の スーパーヒット曲に恵まれて、たちまち評判に なりました。

デビューの きっかけは、堺正章・浅田美代子・森光子 出演の 人気ホームドラマ「時間ですよ」の オーデションに出たこと。

オーデションの結果、残念ながら お目当ての役では 受からなかったものの、森光子さんが「あの子には なにか 光るものがある」と強力に推薦。

急遽、ドラマの中に「隣に引越してきた 真理ちゃん」という、新しい役を設定。晴れて、天地真理 のデビューの きっかけになったわけです。

そのドラマの中で 最初に歌ったのが、「恋は水色」 フランスの歌手ヴィキーのカバー曲で、その後ポールモーリアが編曲して、大ヒットした曲です。

彼女が、テレビの中で歌った、記念すべき曲になりました。

二階の窓辺で アコースティックギター を弾きながら、この歌をうたう真理ちゃん。

たちまち、巷で「 歌っている子は誰?」と評判になり、天地真理 の存在が 広く知られるように なりました。

その後、デビュー曲「水色の恋」がリリースされ、本格的な歌手活動が始まることと なったのです。

♫ 歌を聴いてみる

posted by メロンパン at 13:36| Comment(15) | TrackBack(0) | 水色の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。